あまちゃんから学ぶ、”新しい価値の創造2~新しい価値の発見”

CEO BlogEducation 教育, Perspective モノの見方, Travel トラベル

世の中には知らない方が幸せなこともあるが、人生と旅にはわかる人だけがハッピーになれることが数多くある。

例えば、『あまちゃん』を知っていると、”ただの灯台”が、”あの灯台”に変わる。なんでもない風景が、わかる人にだけ特別な風景になる。前回のブログもあわせて読んでほしい。

IMG_6421

同じ景色も、人によって見える景色が違う

東京に帰りたくないアキと東京に憧れるユイの間でこんなシーンがある。

 ユイの口から出てくるのはアキの知らない東京でした。東京で生まれ育ったアキには見えない景色があることをユイから教わりました。という事はアキが見ているこの町の風景もユイには見えてないのかもしれない。

旅や留学をおすすめするのはこれが理由だ。ありふれた地元の景色も、一歩はなれて外から見ると、はじめてその良さがわかることがある。

IMG_6467

田舎にいるときは田舎の悪口、都会にいると都会の悪口、日本にいたら日本の文句、海外にいたら海外の文句、そういう人はどこへいっても愚痴しかでてこない。田舎から東京に出てきて挫折を味わい田舎に帰ろうとする元エリートでプライドの高い種市先輩が、アキに叱咤されていた。

IMG_6477

新しい価値を見つけたければ、今いる世界を外から見てみるといい。自分の知らない世界に飛び込もう。そうすると今までとは違う景色が見える。当たり前と思っていたことが、そうではないことに気付く。新しい価値は、誰かに創造してもらうものではなく、自分で見つけるもの。

わかる人だけ、わかる

海女〜ソニックというイベントで、ひとり一人の出し物を確認するシーンがある。Lady Gagaに扮する栗原さんの次に、美寿々さんがLady Gagaでかぶり、ここで一つ目の笑い。その後、Queenという洋楽バンドのボーカルである、フレディー・マーキュリーのコスプレで花巻さんが登場。そしてわかる奴だけわかればいい。と言う。その姿だけで十分おもしろいけど、Lady Gagaの名前の由来がQeenの『Radio Ga Ga』でそこにかけていることがわかると、この一連のシーンは、わからない人より何倍もおもしろい大爆笑できる。

クドカンの脚本は、本編とは別のところでコネタやオマージュが散りばめられている。2重にも、3重にも意味をかけている。それがわかる人だけ、他の人より何倍も楽しめる。これも新しい価値の発見。

最終回を迎える昨日の『あまちゃん』は、全あまちゃんファンが泣いた。大女優だけど大音痴の鈴鹿ひろ美が、過去を吹っ切るために、復興した海女カフェではじめてみんなの前で生歌を披露する。その際『潮騒のメモリーズ』の歌詞を「三途の川のマーメイド」から「三代前からマーメイドへ」へ変更して歌った。活字にしたらなんでもないが、ここには深い意味があり、ずっとあまちゃんを見続け歴史を知る人ほどこのシーンは胸が熱くなる。この場面について誰かと語ると共感や発見がありもう一度楽しめる。ファンへのご褒美みたいなものだ。

今朝のあまちゃんで、結婚式の最中に琥珀発掘をするミズタクが、琥珀ではなく恐竜の化石を見つける場面にも新しい価値を掘り当てるヒントがある。ここに化石なんてないという常識だったら化石には気づかないだろう。化石の価値を知らなければそれはただのゴミと見過ごしてしまうかもしれない。アイドルも琥珀も根気よく注意深く探さないと見つからない。そんなメッセージ。そして、これはおそらく久慈市で恐竜の化石が見つかった実話を元にしたエピソードのはずだ。そこに気付いた人だけが、このたっだ数秒のシーンの深さを味わえる。

新しい価値やチャンスはそのへんにいくらでも転がっている。教養や知識を豊かにし、歴史や背景を知り、注意深く見たり、誰かと見るとその景色の見え方が変わる。

IMG_6416

ここが良いところだっていうのを確認するため

船乗り忠兵衛の印象的な名台詞がある。忠兵衛はアキの祖父にあたり夏ばっぱの夫で、家が好きなのに船に乗っているため年に10日しか家に帰ってこない。アキがそんな祖父に、「なんで年に10日しか帰ってこねの?」と聞いた時の答えがこれだ。

ここが良い所だっていうのを確認するためだな。

こう続ける、

ほら、夏さんは北三陸から一歩も出たことねえべ、だからおらが世界中を旅して周ってよ、いろんな国のいろんな町を見て周ってよ…んでも、やっぱここが一番良いぞって、教えてやってんだ。

「東京よりも?」と聞くアキへの返事がまたいい。

北陸も東京も、おらに言わせれば日本だ。

IMG_6438

私が世界23周の旅をするのは、そういうこともかもしれない。

自分も地元の神戸が大好きだ。海も山も人もスイーツも明石焼も全部大好きだ。

未知の場所へ行くのは大好きだが、いろんな町を見れば見るほど、自分は神戸が一番と再確認する。みんなが行けない国や町を訪れて、ここが一番って伝えたい。

そして、こんな台詞が似合う男になりたい。「日本もカナダも、俺に言わせれば地球だ。」

IMG_6442

[vc_column width=”1/3″ el_position=”first”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

ken_300x300mono

U23Ken

新しい生き方・働き方、留学、就活を応援しています。24歳のとき留学中にトロントで起業。経営者ときどきデザイナーのち旅人ところによりサッカー馬鹿。神戸生まれ地球育ち住所不定。『世界23周の旅』3周目準備中。

[/vc_column_text] [/vc_column]

[vc_column width=”2/3″ el_position=”last”] [vc_column_text width=”1/1″ el_position=”first last”]

[/vc_column_text] [/vc_column]

気に入ったら記事をシェアしてくれると嬉しいです。