自信をつける23の方法

CEO BlogBoot Camp 新人研修, Education 教育, Perspective モノの見方

You can’t connect the dots looking forward. You can only connect them looking backwards, so you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something–your gut, destiny, life, karma, whatever–because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart, even when it leads you off the well-worn path, and that will make all the difference.

-Steve Jobs

未来に向かって点を繋げることはできません。過去を振り返って点を繋げられるだけです。だから、今やっていることが、将来どこかに繋がると信じて下さい。何かを信じて下さい、例えば根性、運命、人生、業、なんでも構いません。なぜならば、その点がどこかに繋がると信じることが、他の人と違う道を歩いていても、自分の気持ちに従う自信を与えてくれるからです。そしてそれが人生を一変させるのです。

-スティーブ・ジョブズ

自信がないという新入スタッフの悩みを解決するため、自信をつけるためにすること・しないことをまとめた。世界中で出会った人から学んだこと、書籍や歴史から学んだこと、これまで見てきた自信がある人と自信がない人の違いを振り返る機会になった。

「なぜ日本人は自信がないのか。」世界を旅して出会った外国人に幾度となく問われた。断っておくが、日本人でも自信にあふれた人はいるし、外国人も自信を手に入れるために必死だ。ただ、日本の教育や文化が大きな原因であることは間違いない。しかし、それを嘆いても過去は変わらない。

幸い、日本人には欧米人にはない謙虚さと素直さがあることを前向きに考えよう。ここには自信を持てるだろう。「自信がないことだけには自信がある。」という人もいるが、そう言い切る人もすでに自信を持っている。ならば他のことだって自信を持てるはず。自信は誰にでも手に入る。

自信があると能力を最大限に発揮でき、仕事も勉強も恋愛もうまくいく。自信を手に入れて未来を変えよう。

1. 自分を信じる

自信をつけるためにもっとも大事なことは、自分を信じること。

なんでもかまわないから自分を信じる。

たとえうまくいなくても次こそうまくいくと信じる。

自分を信じることがはじめの一歩。

2. 行動を起こす

やる前から自信がないと嘆く前にやってみよう。

自信がないのは経験がないから。

行動を起こせば前へ進む、その一歩が自信につながる。

3. 自分を褒める

自己を肯定し、褒められたら素直に受け入れ感謝しよう。

できなかったことより、できたことを見よう。

勇気を出して踏み出したその一歩を褒めてあげよう。

4. 笑う

自信がある人は、緊張して顔が強張らず笑顔があふれている。

自信がないから笑えないのではなく、笑うから自信が出てくる。

さんざんな時でも、笑って話せるのがいい。

5. 全力を尽くす

ベスト尽くて失敗したら、ベストを尽くしたということ。

とことんやりきったことが自信になる。

全力を出し切ったなら、恥じることなく堂々としよう。

6. 上を向く

うつむいていると自信がこぼれ落ちる。

姿勢を正して、大きな声を出し、自分を奮い立たせよう。

上を向いて歩けば自信と出会える。

7. 人にやさしく

人にやさしくしてもらえなくても、自分は人にやさしく。

喜んでもらえると誰かの役にたってると、自信をもらえることもある。

損とか得とか考えず、やさしさをふりまこう。

8. いい仲間を作る

不安なのは自分だけじゃないと知ることで気が楽になる。

つらい状況を乗り切った仲間がいると、自分もできる気がしてくる。

励ましてくれる仲間が増えると自信も増してくる。

9. 慣れる

自信がつくまで何回も繰り返す。

いつも歩き慣れた道なら迷わなし不安にもならない。

慣れるだけで自信はつく。

10. 状況を確認する

自分がどこにいるのか、どこへ向かっているのかが分からないと不安になる。

視野を広げ情報を見極め、自分と世界を知ることで自信は手に入る。

たまにはほんの少し立ち止まってみるのもいい。

11. 最悪を経験する

地獄の修羅場をくぐり抜けてきた人は強い。

どん底から這い上がってきた人は、それが自信になる

ひどい目に遭い、辛い経験をするればするほど、免疫ができる。

12. 重圧を楽しむ

緊張や重圧は成長するチャンス、乗り越えた時に新たな景色が見える。

批判は期待の裏返しと考えれば自信になる。

ストレスやプレッシャーを楽しみに変えよう。

13. 言い訳しない

自信がある人は、自分の行動や意思に責任をもっている。

「時間がなかった」「調子が悪かった」のような言い訳をしない。

言い訳をするから、ますます自信を失う。

14. 先送りしない

自信を持っている人は、先延ばしせず、今すぐやる。

完璧を求めず、その時にできる最善を尽くす。

「また」とか「こんど」と言っているうちに、不安が芽生え自信を損ねる。

15. 失敗を恐れない

自信をつけるためには、怖がらずに挑戦をする。

たとえ成功の可能性が低いことでも、勇気を出して立ち向かう。

「失敗したらどうしよう」と怖がっていると、恐怖が増殖し自信を食い尽くす。

16. 評価を気にしない

自信があれば、他人の意見や評価を気にし過ぎることはない。

批判する人がいれば応援してくれる人もいることを知れば自信も備わる。

人それぞれ好みが違うのに、すべての人に嫌われないようにするのは不可能。

17. 否定しない

自分を卑下したり、他人を見下すのは自信のなさの表れ。

悪影響なので自分のことも他人のことも否定しない。

自分の考えを信じて前向きに肯定することで自信が養われる。

18. 嫉妬しない

自分に自信がないから、誰かと比べて嫉妬したり劣等感をいだくようになる。

他人と比べて妬んだり僻んだり落ち込んだりしても意味がない。

人の幸せを妬むのではなく喜ぶようになると、嫉妬は自信に変わる。

19. 自慢しない

自意識過剰で自己顕示欲が強く虚栄心の塊のような人ほど自慢話しが多い。

本当に実力があり自信がある人は、見栄を張ってむやみやたら自慢する必要がない。

自分で自尊心を満たせたら、自信は自然と身についてくる。

20. 媚びない

人に嫌われまいと媚びるから卑屈になりビクビクして自信がなく見える。

お人好しになって我慢せず嫌われる覚悟をもって自分の思いをぶつけよう。

媚びずにぶれない心を持つと、自信のオーラが漂う。

21. 後悔しない

挑戦し全力で取り組みやりきった感があると後悔しない。

変えられない過去を悔やむより、変えることができる自分と未来を変えよう。

後悔せずに未来を見つめることで、自信も見つかる。

22. 目をそらさない

自信がない人は、責任転嫁したり現実逃避することが多い。

一度逃げると逃げ癖がつき、ますます消極的になり自信を失う。

傷つくことから逃げず困難から目をそらさない勇気が、自信を高める。

23. 諦めない

すぐに諦めて挫折するから自信もつかない。

何度転んでも立ち上がり、挑戦を続けることで心は強くなる。

限界を作らずなにがあってもあきらめなければ、必ず自信はつく。

どうだろうか、自信が湧いてきたでしょ。その気持ちを忘れる前に、いますぐ動き出そう。自信がなくなったときになども読み直してほしい。自信さえあれば、その能力を存分に発揮できる。自信は、未来を変える大きな鍵。

Change The Future…