賢いインターネット回線&プロバイダ契約ガイド

目次

  • インターネット回線とプロバイダ契約のまとめ
  • インターネット利用開始までの流れ
  • インターネットの基本
  • インターネット回線とプロバイダの選び方
  • インターネット契約申し込み代理店の選び方
  • インターネット契約のよくある質問

インターネット回線とプロバイダ契約のまとめ

結論をまとめると

・インターネット利用する場所や時間やキャンペーン時期などによりおすすめは変わる。

・不動産とインターネット回線販売事業者は、やらしい業者がとても多い。

・家電量販店や携帯ショップよりオンライン代理店で契約するのがお得。

よって、これがベストアンサー。

A. この記事を読んで自分で選ぶ > 

B. U23に相談する >

注意

長年この業界をリサーチしていますが、概して満足度の低い業者が多いです。このページでは、注意事項をわかりやすく説明し、その中でも比較的ましな業者を紹介しています。ぜひ、みなさんの口コミ情報もお待ちしています。

インターネット利用開始までの流れ

  1. インターネットの基本を読む
  2. 光回線・プロバイダ・代理店を選ぶ
  3. 契約する
  4. 工事・ルーターの設置
  5. 開通・セッティングして利用開始

インターネット契約の基本

インターネットWi-Fiにつなげるために、インターネット回線プロバイダ(=ISP)の契約が必要。個別に申し込む場合とセットで申し込む場合がある。

例えるなら、インターネット回線は道路で、プロバイダは車みたいなもの。利用する会社の道路と車によってスピードや料金が変わる。

インターネット回線とは

光ファイバーFTTH)(光回線)CATV(ケーブルテレビ回線)モバイル(無線回線)などがある。昔あったADSLやISDNも回線の種類。

インターネット回線事業者は、NTT東日本、NTT西日本、KDDI、など数社ある。

インターネット回線サービス名は、フレッツ光、auひかり、など数種類ある。

プロバイダ(ISP)とは

正式名称は、ISP(インターネットサービスプロバイダ)と呼ぶ。インターネットの接続業者で、データ通信を可能にする。

プロバイダは、So-Net、ビッグローブ、など数百社ある。

インターネット回線とプロバイダが一つになった、So-Net光やビッグローブ光なども数百者ある。(*1)

FVNOとは

仮想固定通人事業社のことで、NTTの光回線を借りて回線とプロバイダを一つにして自社ブランドで販売する。光コラボレーション(光コラボ)とはこれ。似たものに、携帯電話のMVNO(仮想移動体通信事業者)があり、NTTドコモ回線を借りて、LINE MOBILEは自社ブランドで販売している。

So-Net光、ビッグローブ光、など数百社ある。

なお、au光やNURO光は、独自のファイバー網を使用している。

ほかにも、インターネット回線とプロバイダが同じ会社のがある。

CATV(ケーブルテレビ回線)は、JCOM、など数十社ある。

モバイル(無線回線)は、WiMax、ポケットWiFi、など数十社ある。

インターネット回線とプロバイダの選び方

インターネット利用する場所や時間やキャンペーン時期などによりおすすめは変わる。月々の利用料はそれほど変わらない。次の3つを基準にインターネット回線とプロバイダを選ぶと良い。数社に問い合わせして比較しよう。

  1. 希望のインターネット回線は?
  2. スマートフォンのキャリア(通信業者)は?
  3. 固定IPを使えるインターネット業者は

このサイトでインターネットの料金シュミレーションができます。

物件により利用できる回線が限られてくる。

1. 希望のインターネット回線は?

光ファイバー(光回線)

通信速度が早く安定しているのがメリットで、工事が必要で開通まで数週間かかるのがデメリット。

Q2へ >

CATV(ケーブルテレビ回線)

そこそこ早く、そこそこ安く使いたい場合、ケーブルテレビを契約している人におすすめ。

J:COM

モバイルWiFi(無線回線)

一人暮らしで、動画視聴はせず、データ通信量は少ない場合は、工事が必要なく申し込んで数日後にモバイルルーターが届きすぐに使えるのでおすすめ。電波が弱いのが弱点。光回線の工事が待つ間のつなぎとしてもおすすめで、代理店によっては無料で貸し出ししてくれる。Softbank Airだけルーターが大きい。他はポケットサイズで、どこの会社もそんなに違いはない。

Softbank Air

WiMax

Yahoo Mobile

Sakura Wifi

2. スマートフォンのキャリア(通信業者)は?

光回線は、スマホとセット割を使うと月額料金かわ割引される。

Docomoの場合

ドコモ光

auの場合

au光

Softbankの場合

SoftBank光

その他の格安SIMの場合

Nuro光が開通まで時間がかかるけど通信速度は早い。

NURO光

フレッツ光

So-net光

OCN光

ビッグローブ光

楽天ひかり

Q3. 固定IPを使えるインターネット業者は?

法人や固定IPを使いたい人はこちら。固定IPの意味がわからない人は必要ないでしょう。

インターリンク

ハヤブサインターネット

SOHO・個人事業主・法人向け

Q4. 高額キャッシュバックキャンペーン中の代理店は?

インターネット契約申し込み代理店の選び方

インターネットを契約の契約は、以下のいろいろな場所で申し込みできるが、対面でコストがかかる家電量販店などより、オンライン代理店経由で申し込むと驚くほど高額なキャッシュバック特典がある。数社に問い合せて条件と対応の気に入ったところで申し込もう。

怪しいと不安になる人なるけど、代理店が得る紹介料を考えると納得の仕組みがある。利用するインターネット回線とプロバイダはどこから申し込んでも同じで、開通後のサポートはNTTやauとするので、条件の気に入ったところで申し込むと良い。

  • オンライン代理店(オンラインのやりとりだから、キャッシュバックは一番多い)
  • インターネット回線・プロバイダのサイト(フレッツ光、au光など)
  • 家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラなど)
  • 携帯ショップ(Docomoショップ、auショップなど)
  • 電話勧誘、訪問営業、チラシ広告(お年寄りを狙った悪徳業者が多い)

キャッシュバック特典の仕組み

キャンペーン期間に申し込むと、インターネット契約に関わるそれぞれの会社からキャッシュバックがある。この仕組みからわかるように、オンライン代理店経由で申し込むのがキャッシュバックが最大額になる。ただし、後述するオプションの加入やウォーターサーバーの契約が必要だったり、キャッシュバックの申請時期が短いなど条件があるので注意が必要。

  • インターネット回線事業者(NTTやKDDI)
  • プロバイダ(So-NetやBiglobe)
  • 代理店(アウンカンパニー、NNコミュニケーションズ、25…etc)

インターネット契約申し込み代理店の比較

インターネット契約申し込み代理店は、以下を基準に選ぶと良い。

  • 希望のサービスを申し込みできるか
  • 対応の早さや質
  • キャッシュバックの条件

オンライン代理店で申し込みの流れ

  1. オンラインでお問い合わせ
  2. ほぼ即日に電話がかかってくる
  3. 電話で申し込み

他社比較させないために、この電話で申し込むと最大のキャッシュバックがある、工事に時間がかかるのでキャンセルもできるので申し込むようになど即決を促される。急かされていい気分はしないかもしれないが、もう決めているなら時間がもったいないので申し込んで問題ない。納得してないなら断ればよい。

勧誘セールスの断り方

代理店により売りたい商品が異なり、相談すると売りたい商品をおすすめされ、キャッシュバックも多い。事前に申し込み内容を決めておくと、営業する側も怯み、勧誘セールスに惑わされない。

迷惑な場合は、はっきりと断る。最近はしつこい勧誘は逆効果なことを学習して、無理な営業は減っているが、酷い場合は、消費者センターに相談すると良い。

キャッシュバックの条件

キャッシュバックの条件に、オプションの加入やウォーターサーバーの契約が必要だったりするので注意。無料お試し期間があるサービスも多いので、必要ない場合は、有料期間になる前に解約するとよい。

キャッシュバックの受け取り方

キャッシュバックはその場で自動的にもらえるものも稀にあるが、ほぼ数ヶ月後に、キャッシュバックの申請手続きをする必要がある。また申請可能な期間も短いのでアラートをして忘れないように注意。正しく手続きをすませると銀行口座に現金が振り込まれる。

高額キャッシュバックの代理店は?

高額キャシュバックキャンペーン中その1

高額キャシュバックキャンペーン中その2

インターネット契約のよくある質問

Q. U23はどこのインターネットを使ってるんですか?

A. ISDN、ADSLの時代から、CATVのjcom、モバイルのWiMax、もちろんフレッツ光やauひかり、マンションタイプ、戸建タイプ、ビジネスタイプまで、いろいろ試してます。

インターネット契約のレビュー・口コミ

「申請するのが手間だけど、キャッシュバックはちゃんともらえました。」

「いろいろ使い比べてみたけど、有名なところを選んでおけばそんなに違いはない。場所や時間によるので比較するのも難しい。」